読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜ろるにっき〜

LoLJP Bronze Diary

自分のモチベがどこにあるか+近況報告

自分のモチベがどこにあるか?とは・・・?

自分語りです。

 結構長いので、下記目次より好きな場所へ飛んでください

 

さて、皆さんLoLをプレイするときに何を考えていますか? 

おそらくLoLをプレイしている93%が脳死&惰性でプレイしていることでしょう。

私も結婚・出産するまではそうでした。

 

環境の変化でLoLに対する姿勢がどうなったか?

そもそもLoLをプレイする時間が少なくなり、Rankも回せなくなった。

ちょうどシーズン7に入ってBronze5という記録的なTierに配属となった。

 

最初のほうは深夜にRankやるとか、朝早く起きてNromalをやるというスタイルをとっていました。

しかし次第に深夜LoLをすると怒られるようになり(理不尽)、朝NormalでしかLoLをできない日々が続きました。

 

ここで気づきました。

自分のモチベーションがどこにあったか。

私はNormalしかできない環境でも「LoLがしたい」タイプだと思っていました。

しかし思いとは裏腹に3日おき、1週間おきと離れる時間が増えていきました。

 

ここで自分のモチベが「Rankを回すこと」にあったと気づきました。

その時書いたのが↓

morikawa0208.hatenablog.com

 

気づいた後は?

そうだったのか!とストンと自分に落ちてきました。

しかし現状は深夜Rankを回すと怒られる(先に寝てるのに起きてきて怒る)

台湾鯖やKR鯖などの移行も検討していましたが、VPNや垢購入などの問題や決算月と重って遊ぶ時間がなくなったことにより、余計にLoLをやらなくなりました。

 

ある日、ふと思いました。・・・・・・・・・NA

f:id:morikawa0208:20170428102906p:plain

この時の動きはすさまじかった。

Pingがどれくらいあるかも確認せず、その月に使ったクレカの請求額も確認せず気づいたときには時すでにosusi

 

私はあの海の向こうへと旅立ちました。

 

NA行ってからというものの、朝早く起きてRankを回すことで頭の活性化を促し、そのまま仕事へ行く。もう頭が回っているので、午前中の仕事の捗り具合がパない。

仕事から帰ってからも頭では考えつつも、家事育児への集中具合が違う。

(以前はゲームやりたいのに・・・みたいな嫌々感があった ばれて怒られた)

世の中が見違えるように彩られ、生活におけるすべてがHappyで包まれました。

 

さぁ、みんなも行こう!海の向こう側、NAへ!

つまり

自分のモチベがどこにあるかで、もっと穏やかに楽しくLoLができるのではないかという記事です。

「このチャンプを使いこなしたい」「レーンは絶対勝つ」「大会に出たい」

 

負けた時は味方のせいにせず自分で反省しろと皆言います。

それも大事ですが、それでやる気が削がれてプレイしなくなるのは本末転倒です。

1戦ずつ自分のモチベにつながる部分は認めて、自分を褒めましょう。

「レーンは負けたけど集団戦でうまくコンボできた なのでオッケー」「レーンは勝ったけど、そのあとの動きが悪かったな 次気をつけよオッケー」「大会に出るためにチームへ応募した プレイ時間とれてないけどオッケー」

これが私の場合「フィードしたけどちゃんとRankを回せてる 圧倒的感謝」でした。

 

宗教臭くなってきましたね。お布施はお気持ちで。

自分のLoLに対する「核」を認識して、楽しくLoLしましょう。

NAでの生活

4月からNYにいっている綾部と同じ境遇ですね。実質綾部です。

簡潔に報告します。

正真正銘のBronzeとは私の事です

 

 Placement結果

結果は上で出てますが、詳細です

f:id:morikawa0208:20170428110341p:plain   

 

KDA、CS、キル関与率、そもそもスコアもヤバイ 脳みそ入ってない

ちなみに日本鯖では↓

f:id:morikawa0208:20170428110537p:plain やばいマジ

 

このままでは俺のJhinが汚されてしまう・・・Role変えなきゃ・・・・

でも時間がないし何か二つのRole行けるChampは・・・

 

アッ!!!!!!!!!!!

 

f:id:morikawa0208:20170428110759p:plain

 

あっ・・・・・・

f:id:morikawa0208:20170428110843p:plain

 

 

TOP/JGで心機一転やっていきます

以上です